TOP » 前橋で注文住宅を建てる基礎知識 » 木造注文建築の建築木材のはなし

木造注文建築の建築木材のはなし

子供のことを考えて木造で注文住宅をと考えている方も多いかと思いますが、一口に「木造」と言っても様々な木材があります。
そこで、木材によってどのような違いがあるのかなどをチェックしてみるとしましょう。

新築住宅で使われる木材の種類と特徴

新築住宅で使われる木材は多々あります。ヒノキやスギのように比較的耳にすることが多い木材から、サクラ、ウォルナット、アカマツなど普段あまり耳にしないであろう木材もあります。

それぞれ特徴が異なりますので、自分が思い描くマイホームに相応しい木材は何かという視点が大切ですが、オススメはヒバです。防蟻性と耐朽性に於いて優れているため、長期的な視点からとても優れている木材です。

木造の場合、家の完成がゴールではなく、その後のメンテナンスも考慮しなければならないだけに、ヒバのようにメンテナンスの負担を軽減してくれる木材を選ぶと良いでしょう。

無垢材と集成材のメリット、デメリット

木材は木の種類だけではなく、集成材と無垢材にも分類できます。

無垢材とは一本の木から採取したもので、つなぎ目がありません。そのため、柱や梁など強度が求められる部分に使われます。接着剤等、人工物を使いませんので子供にも優しいのですが、どうしてもコストがかかります。

一方集成材は一本では使いにくい木材を集めたものです。いわゆる「張り合わせ」ですが、近年は技術も高まっています。かつては見るからに「つぎはぎだらけ」だったものの、まるで無垢材なのではと思うような集成材も登場しています。

無垢材と比べてコストを抑えられる点や張り合わせているため耐震性が高いなどメリットも多い一方で、接着するためにどうしても人工物を用いなければなりません。まだまだ内蔵が成長していない子供の体には、接着剤等、人工物による負担が懸念されています。

適した木材の選び方

様々な木材がありますが、優劣よりもそれぞれの環境や特徴で選ぶと良いでしょう。

例えば木造住宅にとって避けられない問題である湿気。
湿気に強い木材もあれば、逆に湿気に弱い木材もあります。つまり、住んでいる地域の気候によって「ベストの木材」が異なることになります。

また、木造建築と言えばシロアリやネズミといった害虫のことも考慮しなければなりません。
これらの害虫は木材の劣化・腐食から侵入してくるケースもありますので、劣化や腐食に強い木材なのか。メンテナンスが行いやすいのかなども考慮した上で使用する木材を選ぶと良いでしょう。