TOP » 前橋で注文住宅を建てる基礎知識 » 住宅ローンや助成金など、前橋での住まいの賢い資金計画

住宅ローンや助成金など、前橋での住まいの賢い資金計画

注文住宅を購入する際、チェックすべき点がもう一つあります。
それは助成金です。

どの自治体でも様々な助成金を用意していますが、前橋ではどのような助成金が用意されているのかをチェックしてみました。

マイホームの購入は予算との戦いですが、助成金の存在が予算の負担軽減にも繋がりますので利用する・しないを抜きにどのような助成金があるのかを覚えておくと良いでしょう。

構造材補助

前橋だけではなく、群馬全域に於いて行われている助成金です。

群馬県内に木造一戸建てを新築、あるいは新築住宅を購入する方を対象にしたもので、構造材のうち、60%以上、かつ7.5立方メートル以上に「ぐんま優良木材」を使用することが条件で、補助金額は10万円から65万円です。
補助金の額は「ぐんま有料木材構造材」の使用材積によって異なります。

住宅ローン控除

こちらは前橋だけではなく、全国で受けられるものです。

返済期間10年以上、自己居住のための住宅取得で控除を受ける年の合計所得金額が3,000万円以下などいくつか条件が用意されています。

また、控除を受けるためには確定申告も受けなければならないなど、少々ハードルが高く感じるかもしれませんが、「年末の住宅ローン残高」の1%をかけた金額が10年間に渡って控除されます。
最大で400万円もの控除を受けられますし、条件面を見ると複雑に思うかもしれませんが、一般的な居住用のマイホームを住宅ローンで購入した場合には多くが適用対象となっていますので、覚えておくと良いでしょう。

すまい給付金

こちらもまた、前橋だけではなく全国で導入されている制度で、最高で現金30万円がもらえる制度です。

一定以下の収入の人が住宅ローンを利用してマイホームを購入した場合、マイホーム購入者の経済的な負担を減らすために用意されている制度です。
以下の条件を満たしたマイホームを購入した際に適用となります。

すまい給付金の算出方法

すまい給付金は世帯の年収によって算出されます。
そのため、共働きかどちらか一方だけが働いているかで給付額は異なります。
また、世帯年収は500万円までです。
世帯年収600万円以上の場合、残念ながら給付は受けられません。

世帯年収と給付額は以下になります。

但し、消費税が10%にアップされた場合は以下になります。

こちらは住宅ローン控除とは異なり、必要書類を用意してすまい給付金申請窓口に申請することで、条件が整っていれば指定口座に給付金が振り込まれます。